記事一覧

「変わらない気持ちで~」

アップロードファイル 20-1.jpgアップロードファイル 20-2.jpg

皆様、こんばんは!10月21日も16:00時を回り辺りは徐々に外灯が点灯してまいりました!
季節は早いもので晩秋を迎え、これから駆け足で冬に向け、気温や風景が一変していきます。
日中の気温から夕暮れ時には一気に肌寒くなりますので、皆様体調管理には十分お気を付けください。

さて、本日は都内にある某メーカーのショールームに弊社管理物件のオーナー様と行ってまいりました!


新築する物件が賃貸とご自宅の併用なので、御自宅部分のキッチンやバスルーム、洗面などや賃貸部分の水周りをオーナー様に決めて頂きました。

オーナー様自体、こういったショールームにいらっしゃるのは初めてだったという事で、メーカーの方の提案や説明を熱心にお聞きになられていました。
賃貸部分のみならずご自宅部分の設備や水周りの意見も求められましたので本日はご一緒出来て本当に良かったと思います。
新居の完成後は、ホームパーティーでお料理を振る舞って頂けるとの事で、ワインをお土産にお伺いさせていただくお約束もさせて頂きました。

アパートやマンション、そしてご自身でお住まいになられる住宅を御建てになられることは、人生において本当に希少な出来事です。
その大切な瞬間にご一緒出来る事を本当に光栄に感じると同時に自分の事のようにうれしく感じます。


大手の管理会社とは違い、弊社は創業の頃から沿線や地域に根付いて営業させて頂いておりますので、オーナー様とは単にビジネスとしての繋がりではなく、まるで家族のように接して頂いております。
そして私達もオーナー様の物件を自分の物件、家族の物件を管理する気持ちで誠心誠意ご対応させて頂いています。
そういった関係性が構築されてはじめて、より一層ご入居者様に喜んで頂ける御提案が出来ると確信しています。

これからも、地域の地主様、家主様と共にアパートやマンションにお住まいになられる皆様にとって最良のご提案が出来ますようスタッフ一同心を一つに頑張ります。

株式会社レント管理サービス
宅地建物取引士
ファイナンシャル・プランナー(AFP) 甲斐勝利

「40年分の想いを込めて~」

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpgアップロードファイル 7-3.jpg

皆様おはようございます。10月8日(土曜日)東京は肌寒い雨模様の朝を迎えています。
折角の週末ではありますが、残念ながら一日雨の予報となっています。
こんな日は、映画・DVD鑑賞や読みたかった本の読破、ショッピングモールでのショッピングなどはいかがでしょうか?もちろん1週間の疲れを癒す一日としても最適ですね。
本日辺りから全国的に一気に寒暖差が激しくなるそうですので体調管理には十分お気を付け頂きたいと思います。

さて、昨日は都心エリアの洋食店オーナーの所へ、今後のライフプランのご相談・ご提案にお伺いしてまいりました。

オーナー様は都心エリアで40年に渡り同じ場所、そして変わらないメニューと味で地域の皆様に愛されている洋食店を経営されており、そのお店を今年いっぱいで閉店するご予定です。
豊富なメニュー、家庭的な雰囲気、アンティークな家具の点在する店内、どれをとっても閉店するのはとても残念ですが、仕方ない理由でその歴史に終止符がうたれようとしています。

現在、洋食屋さんを経営されている店舗はオーナー様が区分所有されていて、今後、売りに出した方がいいのか、店舗として貸した方がいいのか、もしくは住居に改装して貸した方がいいのかお悩みになられて弊社にご相談にいらっしゃいました。
昨日はその店舗を実際に拝見させて頂き、詳細なご要望をお聞きするためにお伺いさせて頂きました。

までは個人事業主として洋食店を経営されてきましたが、そのお店をおやめになられますので、今後の収入を確保しなくてはなりません。
ここで重要になってくるのは、オーナー様のご条件やご要望に合ったライフプランの構築とご提案です。

一般的に「不動産会社」の側面だけでのご提案の場合、企業によっては「売りましょう」という選択肢を強調し、それ以外で有効な手段があるにも関わらずそれをあえてご提案しない事も考えられます。
これは売買で得られる手数料を見越しての偏ったご提案であると言わざるをえません。

弊社では、オーナー様の資産管理、アセットマネジメントにおいて、オーナー様にとって何が一番ベストな運営方法なのかを真剣に考え、オーナー様の立場にたってご提案させて頂いています。

業務といたしましても「売買」や「賃貸」「賃貸物件管理」「投資用物件のご提案」「土地活用」など資産管理においてワンストップでご対応できる体制が整っている他、担当させて頂く私自身も宅地建物取引士としての側面に加え、ファイナンシャルプランナーとしての側面から、ご依頼いただいた方の利益を最優先するよう行動していますので、時には不動産会社らしからぬご提案をさせて頂く事も少なくありません。

S様、昨日は貴重なお時間を頂まして本当にありがとうございました。
そして、このレストランが出来てからのご苦労やこだわり、そしてお客様に対しての想いなどもお話しいただき本当に勉強になると共に心打たれる想いでした。
S様の家族構成や資産、今後のご要望も踏まえ40年分の想いを託して頂きましたので全力で弊社に任せて良かったと思って頂ける一番ベストなライフプランをご提案させて頂きますのでよろしくお願いいたします。

土地活用や資産運営はご依頼いただいた方の想いや歴史がたくさん詰まっています。
そしてご依頼いただく皆様の環境やご条件も千差万別です。
これからも、ご依頼いただく皆様の一番ベストなライフプランをご提案出来ますようスタッフ一同気持ちを一つに精進してまいりますので今後とも何卒よろしくお願いいたします。

株式会社レント管理サービス 開発部マネージャー
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー(AFP) 甲斐勝利

日々学ぶという事

アップロードファイル 21-1.jpgアップロードファイル 21-2.jpg

皆様、おはようございます!
本日も弊社のHPをご覧いただきまして本当にありがとうございます。
さて、本日は前回のテーマとかぶる部分はありますが、不動産取引会社として学ぶべきことについて少しお話しさせて頂きます。
不動産会社の知識は、取引における「宅建業報」権利関係の「民法」建築基準法などの「法令上の制限」などがあります。
これは、まさに各取引(売買や賃貸仲介・管理・建築の提案等)の現在(いま)にクローズアップした知識や経験であると言えます。


一方、資産運営や各投資に関しましては、現在の状況に加え近い将来を予測できる力が必要となります。

将来の予測は、もちろんまだ到来しない未来に対するものですが、起こりうるリスクに対しては万全の準備をしなくてはなりません。

そんな経済の動向を知る上では、今までの時代をさかのぼり、現在の日本経済がどのように形成されていったかを知る必要もあります。
「温故知新」という言葉の意味する通り、経済を学ぶという事は日本の歴史を学ぶという事に等しく、近い将来を見据えるうえでは大変重要であると言えます。
経済的な側面から、どんな資産運用が効果的で、それに「取引」が伴う場合その計画が法的に可能なのか、問題なく進むものなのかを確認しご提案する。
当たり前のことですが、経済にだけ捉われたご提案だけでは「絵にかいた餅」になりますし、取引だけを目的とした提案ではリスクが高すぎます。
両方の知識や経験が相まって初めてベストなご提案が出来ると考えています。

また、最近では各行政に対する知識や対応も身に着けておくことも、御提案する計画が優位に進行するうえでは重要であると感じています。
理由は、関係省庁並びに各行政は、話の仕方や担当者によって投げかけたものの答えが違う事があるからです。

え?と思う方も多くいらっしゃるかと思いますが、各法律やとくに行政法(総称して)は、その解釈によっていろんな捉え方ができ、ケースバイケースで処理される事も多いからです。
これは20年近い不動産経験の上で私が実際に感じている事です。
より突き詰めて、少しでもご提案する内容が良くなればと、日々勉強させて頂いています。

個人的な事で恐縮ですが、取引に関する資格として宅地建物取引士、そして税金や経済に対する資格としてファイナンシャル・プランナー(各取得済)そして、前述の理由から行政書士を今年11月13日に受験させて頂きます。
もちろん、資格は取得するだけでは何の意味も持ちません。
オーナー様や投資家の皆様の利益に貢献し必要とされて初めて意味を成すものです。
ですから、取得後も常に最新情報をインプットし、勉強し続ける事こそが重要ですので今後もたくさんの情報を得、皆様にお伝えさせて頂きたいと思います。

インターネット社会となりたくさんの情報がネット上に氾濫していますが、すこしでもご安心して頂ける存在、知識と経験に裏付けられた存在として情報発信して行けますようスタッフ一同日々精進してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

株式会社レント管理サービス マネージャー

宅地建物取引士
ファイナンシャル・プランナー(AFP)   甲斐勝利